cf7 google sheet connector

WordPressカスタマイズ

フォームメールを自動でGoogleスプレッドシートに保存するプラグイン「CF7 Google Sheet Connector」

WordPressで定番のフォームメールプラグインといえば、Contact Form 7
自分のサイトにお問合せなどのフォームメールを簡単に設置できるので、使っている人も多いと思います。

セミナーやイベントのお申込みフォームを作った時に、受信したメールからエクセルなどの表にコピペするのって結構面倒ですよね。
件数が多いとそれだけで時間がかかってしまいます。

何とか自動化できないかと思って調べていたら、便利なプラグインがあったのでご紹介します。

CF7 Google Sheet Connector

CF7 Google Sheet Connector」は、Contact Form 7 で作ったフォームをGoogleスプレッドシートに自動保存できるプラグインです。

Googleスプレッドシートとは、Googleが提供しているサービスで、ネット上でMicorsoftのエクセルとほぼ同等の機能が使えるものです。
ブラウザからの操作するので、ネットにつながるPCやタブレット、スマホであればどんな端末でも使うことができます。
Googleアカウント(Gメールのアドレス)をお持ちであれば、だれでも使うことができます。

事前準備

まず、WordPressにContactForm7をインストールして、有効化してください。
そして、フォームメールを作成・設置してください。
すでに、設置してある場合は何もしなくてOK。

次にGoogleアカウントを取得してください。
既に持っている方で、既存のアカウントを使用する場合は何もしなくてOK。

CF7 Google Sheet Connector のインストール

WordPressの管理画面にログインし、「プラングイン」→「新規追加」で追加画面に移動します。

検索欄に「CF7 Google Sheet Connector」と入れてプラグインを検索
今すぐインストール」を押し、終わったら「有効化」します。

CF7 Google Sheet Connector

インストールはひとまずこれだけ。

次に、Goolgeスプレッドシートを準備します。

Googleスプレッドシート

保存用のGoogleスプレッドシートを用意する

保存用のGoogleスプレッドシートを新規に作ります。
Googleスプレッドシート

お持ちのGoogleアカウントでログインしてくださいね。

スプレッドシートの画面上部の「+ 空白」をクリックして新しいスプレッドシートを作成します。

Googleスプレッドシート

そうすると、エクセルなどの表計算ソフトでおなじみの画面が現れます。

シート名とタブ名を変更する

次に、シート名とタブ名を変更します。

シート名: contact
タブ名: sheet1

画面上部の「無題のスプレッドシート」となっているところに「contact」画面下部の「シート1」となっているところを「sheet1」としましょう。

Googleスプレッドシート

シート名とタブ名は、何でも構わないのですが、今回は練習ということでこれで。
自分の使用状況に合せて、適宜変えてください。

シートにフォームの項目を設定する

コンタクトフォームの項目名をシートの一番上の列に入ます。

項目はこんな感じ。
ご自身の環境で適宜変更してください。

    • date
    • time
  • user-agent
  • your-name
  • your-email
  • your-message

Googleスプレッドシート

これで、Googleスプレッドシートの設定は終わりです。
フォームメールから送信されると、このシートに自動的にデータが入力されるようになります。

連携させる

認証コードの取得

いよいよ連携させていくわけですが、まず認証コードの取得が必要です。

WordPressの管理画面の左のメニューから「お問い合わせ」→「Google Sheets」を選択します。

cft google sheet connector

次に「Get Code」をクリックして認証コードを取得します。CF7 Google Sheet connector

ご自分のGoogleアカウントでログインし、アクセスの許可をします、

cf7 google sheet connector

そうすると、認証コード(ランダムな長い文字列)が発行されるので、コピーします。

認証コード

WordPressに戻ってコピーしたコードをペーストして「Save」を押します。

フォームと連携させる

WoedPress管理画面の左のメニューから「お問い合わせ」→「コンタクトフォーム」を選択。

フォームを選択

Google Sheets」というタブができているので選択。

先ほど作ったスプレッドシートの設定を入れて「保存」をクリック

お疲れ様でした。
これで連携できるようになりました。

確認する

ちゃんと動くか確認します。
お問い合わせフォームから送信して、先ほどのGoogleスプレッドシートにデータが入っていれば成功です。

うまく行きましたか?

イベントや講座のお申込みフォームに便利

あとは、自動入力されたデータを加工すれば、受付表も簡単にできますね。

それ以外にも、フォームメールの設定が狂っていて、こちらにメールが届かなかった場合でも、スプレッドシートに記録が残っているので、万が一の時も安心です。

ピックアップ記事

  1. 無料セッション!ホームページ・WordPressのお悩み解決
  2. iPhoneの空き容量を確保する方法
  3. スマホ動画を作るときの手順とアプリ
  4. Webが苦手な初心者対象。ゼロから作るWordPressワークショップ
  5. 日程追加!Webが苦手な初心者対象。ゼロから作るWordPressワークショップ…

関連記事

  1. wordpress5.0リリース

    WordPressカスタマイズ

    WordPress 5.0 リリースで注意するべきこと

    2018年12月6日、WordPressのメジャーアップデート「5.0…

  2. WordPressカスタマイズ

    WordPressカスタマイズ

    アイキャッチ画像が設定項目がないとき

    テーマテンプレートがサポートしていない時function.phpに…

  3. WordPressカスタマイズ
  4. WordPressカスタマイズ

    カスタム投稿タイプの投稿もSNSに自動投稿したい

    WordPress.orgの公式プラグインのJetPackを入れると、…

  5. SEO

    オススメのWordPressテンプレート 2018

    WordPRessには無料で使えるテンプレートが多数用意されています。…

  6. WordPressカスタマイズ

    WordPressの基礎

    WordPressのカスタマイズは子テーマを使う!

    WordPressのテーマテンプレートは、有料・無料を問わずたくさん公…

ピックアップ

  1. wordpress5.0リリース
  2. Adobe Premiere Rush CC
  3. Adobe Premiere Rush CC
Webが苦手な人でもできるようになる。ゼロから自分で作るワードプレスワークショップ名古屋開催 デメニギスの30分無料セッション
  1. WordPressカスタマイズ

    WordPressカスタマイズ

    管理画面の「WordPress のご利用ありがとうございます。」とバージョン情報…
  2. wordpress5.0リリース

    WordPressカスタマイズ

    WordPress 5.0 リリースで注意するべきこと
  3. Adobe Premiere Rush CC

    動画

    スマホで動画編集 Adobe Premiere Rush CC編-テロップはPC…
  4. WordPressカスタマイズ

    トップに動画が使えるWPテーマ
  5. Google Analytics & Search Console

    SEO

    Googleアナリティクスとサーチコンソールの違い
PAGE TOP