WordPressの基礎

WordPressのよく使うテンプレートタグ

ブログのURLを取得する

home_url()

<?php home_url( $path, $scheme ); ?>

$url = home_url();
echo $url;

結果:https://demeniguis.com
最後にスラッシュがつかない

$url = home_url(‘/’);
echo $url;

結果: https://demeniguis.com/
末尾に指定した文字列が追加される。(この場合はスラッシュ)

$url = home_url( ‘/’, ‘https’ );
echo esc_url( $url );

結果: https://demeniguis.com/

管理画面のURL

admin_url()

テンプレートのURI

get_template_directory_uri() 親テーマのURI

get_stylesheet_directory_uri() 子テーマのURI

ブログの情報を表示

bloginfo($show)
PHP の中でこれらの値を使う必要がある場合は、get_bloginfo($show)

$show

  • name’

    – 管理画面の「設定 > 一般」で設定された「サイトのタイトル」を表示するものです。
    このデータは wp_options テーブルの “blogname” レコードから取得されるものです。

  • description’

    – 管理画面の「設定 > 一般」で設定された「キャッチフレーズ」を表示するものです。
    このデータは wp_options テーブルの “blogdescription” レコードから取得されるものです。

  • wpurl’

    – 管理画面の「設定 > 一般」で設定された「WordPress アドレス (URL)」を表示するものです。
    このデータは wp_options テーブルの “siteurl” レコードから取得されるものです。この関数はサブサイトではなく WordPress がインストールされているルートサイトの URL を返すため、マルチサイト構成で、サブドメインの代わりにパスを用いている場合等は特に site_url() 関数の出力を用いることを推奨します。

  • url’

    – 管理画面の「設定 > 一般」で設定された「サイトアドレス (URL)」を表示するものです。
    このデータは wp_options テーブルの “home” レコードから取得されるものです。 home_url() 関数の出力を用いることをお奨めします。

  • admin_email’

    – 管理画面の「設定 > 一般」で設定された「メールアドレス」を表示するものです。
    このデータは wp_options テーブルの “admin_email” レコードから取得されるものです。

  • charset’

    – Version 3.5.0 以降は “UTF-8“を常に返します。

  • version’ – 使用中の WordPress バージョンを表示します。
    このデータは wp-includes/version.php の $wp_version 変数から取得されるものです。
  • html_type’ – HTML ページの Content-Type (デフォルトは “text/html”) を表示します。このデータは、wp_options テーブルの “html_type” レコードから取得されるものです。テーマとプラグインは pre_option_html_type フィルターを用いることで、初期値を上書きすることができます。
  • text_direction’ – HTML ページの文字の向きを表示します。 is_rtl() 関数の出力を用いることを推奨します。
  • language’ – WordPress の言語を表示します。
  • stylesheet_url’ – プライマリーな CSS (usually style.css) ファイルの URL を表示します。 get_stylesheet_uri() 関数の出力を用いることを推奨します。
  • stylesheet_directory’ – アクティブなテーマディレクトリーの URL を表示します。 get_stylesheet_directory_uri() 関数の出力を用いることを推奨します。
  • template_url’ / ‘template_directory’ – アクティブなテーマのディレクトリー URL を表示します。 (‘template_directory’ は Version 2.6 以前ではローカルパスを表示していました。ハック的な代替策は get_theme_root() と get_template() を参照してください)。 子テーマの中では、 get_bloginfo(‘template_url’) と get_template() はどちらもテーマのディレクトリーを返します。そのため、親テーマでは get_template_directory_uri() を、子テーマでは get_stylesheet_directory_uri() を使うよう考慮してください。
  • pingback_url’ – Pingback XML-RPC ファイルの URL (xmlrpc.php) を表示します。
  • atom_url’ – Atom feed URL (/feed/atom) を表示します。
  • rdf_url’ – RDF/RSS 1.0 feed URL (/feed/rfd) を表示します。
  • rss_url’ – RSS 0.92 feed URL (/feed/rss) を表示します。
  • rss2_url’ – RSS 2.0 feed URL (/feed) を表示します。
  • comments_atom_url’ – Atom feed URL (/comments/feed) を表示します。
  • comments_rss2_url’ – RSS 2.0 feed URL (/comments/feed) を表示します。

 

ピックアップ記事

  1. スマホ動画を作るときの手順とアプリ
  2. 日程追加!Webが苦手な初心者対象。ゼロから作るWordPressワークショップ…
  3. WordPress初心者ワークショップをやりました。次回は2月20日
  4. Internet Explorerの終わり-Microsoftが公式に使用をやめ…
  5. iPhoneの空き容量を確保する方法

関連記事

  1. WordPressカスタマイズ
  2. WordPressカスタマイズ

    WordPressカスタマイズ

    レビュー待ちの投稿で管理者権限のユーザーにメールを送る

    以前書いた記事で、レビュー待ち投稿の時に管理者に自動でメールを送るメモ…

  3. WordPressカスタマイズ

    アイコンフォント

    アイコンフォントとは以前は「」のようなアイコンを表示させたい場合は…

  4. WordPressカスタマイズ

    ビジュアルエディタに独自のクイックタグを追加する

    クイックタグを追加することで、書式の追加の効率が良くなり、記事作成が速…

  5. WordPressカスタマイズ

    ログイン画面の背景を変える

    body.login の背景を設定するget_template…

  6. SEO

    オススメのWordPressテンプレート 2018

    WordPRessには無料で使えるテンプレートが多数用意されています。…

ピックアップ

  1. さよならインターネットエクスプローラー
  2. WordPress初心者ワークショップ 名古屋開催
  3. wordpress5.0リリース
Webが苦手な人でもできるようになる。ゼロから自分で作るワードプレスワークショップ名古屋開催 デメニギスの30分無料セッション
  1. Rails

    【Rails 5 サポートメモ】Rails 実行時に 「no connectio…
  2. WordPressカスタマイズ

    WordPressカスタマイズ

    管理画面の「WordPress のご利用ありがとうございます。」とバージョン情報…
  3. WordPressカスタマイズ

    カスタム投稿タイプの投稿もSNSに自動投稿したい
  4. WordPressカスタマイズ

    WordPressカスタマイズ

    アイキャッチ画像が設定項目がないとき
  5. cf7 google sheet connector

    WordPressカスタマイズ

    フォームメールを自動でGoogleスプレッドシートに保存するプラグイン「CF7 …
PAGE TOP