WordPressの基礎

WordPressのよく使うテンプレートタグ

ブログのURLを取得する

home_url()

<?php home_url( $path, $scheme ); ?>

$url = home_url();
echo $url;

結果:https://demeniguis.com
最後にスラッシュがつかない

$url = home_url(‘/’);
echo $url;

結果: https://demeniguis.com/
末尾に指定した文字列が追加される。(この場合はスラッシュ)

$url = home_url( ‘/’, ‘https’ );
echo esc_url( $url );

結果: https://demeniguis.com/

管理画面のURL

admin_url()

テンプレートのURI

get_template_directory_uri() 親テーマのURI

get_stylesheet_directory_uri() 子テーマのURI

ブログの情報を表示

bloginfo($show)
PHP の中でこれらの値を使う必要がある場合は、get_bloginfo($show)

$show

  • name’

    – 管理画面の「設定 > 一般」で設定された「サイトのタイトル」を表示するものです。
    このデータは wp_options テーブルの “blogname” レコードから取得されるものです。

  • description’

    – 管理画面の「設定 > 一般」で設定された「キャッチフレーズ」を表示するものです。
    このデータは wp_options テーブルの “blogdescription” レコードから取得されるものです。

  • wpurl’

    – 管理画面の「設定 > 一般」で設定された「WordPress アドレス (URL)」を表示するものです。
    このデータは wp_options テーブルの “siteurl” レコードから取得されるものです。この関数はサブサイトではなく WordPress がインストールされているルートサイトの URL を返すため、マルチサイト構成で、サブドメインの代わりにパスを用いている場合等は特に site_url() 関数の出力を用いることを推奨します。

  • url’

    – 管理画面の「設定 > 一般」で設定された「サイトアドレス (URL)」を表示するものです。
    このデータは wp_options テーブルの “home” レコードから取得されるものです。 home_url() 関数の出力を用いることをお奨めします。

  • admin_email’

    – 管理画面の「設定 > 一般」で設定された「メールアドレス」を表示するものです。
    このデータは wp_options テーブルの “admin_email” レコードから取得されるものです。

  • charset’

    – Version 3.5.0 以降は “UTF-8“を常に返します。

  • version’ – 使用中の WordPress バージョンを表示します。
    このデータは wp-includes/version.php の $wp_version 変数から取得されるものです。
  • html_type’ – HTML ページの Content-Type (デフォルトは “text/html”) を表示します。このデータは、wp_options テーブルの “html_type” レコードから取得されるものです。テーマとプラグインは pre_option_html_type フィルターを用いることで、初期値を上書きすることができます。
  • text_direction’ – HTML ページの文字の向きを表示します。 is_rtl() 関数の出力を用いることを推奨します。
  • language’ – WordPress の言語を表示します。
  • stylesheet_url’ – プライマリーな CSS (usually style.css) ファイルの URL を表示します。 get_stylesheet_uri() 関数の出力を用いることを推奨します。
  • stylesheet_directory’ – アクティブなテーマディレクトリーの URL を表示します。 get_stylesheet_directory_uri() 関数の出力を用いることを推奨します。
  • template_url’ / ‘template_directory’ – アクティブなテーマのディレクトリー URL を表示します。 (‘template_directory’ は Version 2.6 以前ではローカルパスを表示していました。ハック的な代替策は get_theme_root() と get_template() を参照してください)。 子テーマの中では、 get_bloginfo(‘template_url’) と get_template() はどちらもテーマのディレクトリーを返します。そのため、親テーマでは get_template_directory_uri() を、子テーマでは get_stylesheet_directory_uri() を使うよう考慮してください。
  • pingback_url’ – Pingback XML-RPC ファイルの URL (xmlrpc.php) を表示します。
  • atom_url’ – Atom feed URL (/feed/atom) を表示します。
  • rdf_url’ – RDF/RSS 1.0 feed URL (/feed/rfd) を表示します。
  • rss_url’ – RSS 0.92 feed URL (/feed/rss) を表示します。
  • rss2_url’ – RSS 2.0 feed URL (/feed) を表示します。
  • comments_atom_url’ – Atom feed URL (/comments/feed) を表示します。
  • comments_rss2_url’ – RSS 2.0 feed URL (/comments/feed) を表示します。

 

ピックアップ記事

  1. Adobe Premiere Rush CCが超スゴイ!スマホでもPCでもシーム…
  2. 無料セッション!ホームページ・WordPressのお悩み解決
  3. Webが苦手な初心者対象。ゼロから作るWordPressワークショップ
  4. 日程追加!Webが苦手な初心者対象。ゼロから作るWordPressワークショップ…

関連記事

  1. WordPressカスタマイズ
  2. WordPressカスタマイズ

    アイコンフォント

    アイコンフォントとは以前は「」のようなアイコンを表示させたい場合は…

  3. WordPressカスタマイズ

    ログイン画面の背景を変える

    body.login の背景を設定するget_template…

  4. WordPressカスタマイズ

    WordPressカスタマイズ

    WP管理画面のサイドバーの不必要なメニューを非表示にする

    運用上触ってほしくないメニューが管理画面のサイドバーに表示されているこ…

  5. api

    Google Chart API を使用したQRコード生成

    ホームページにモバイルアクセス用のQRコードを生成する。Googl…

ピックアップ

  1. Adobe Premiere Rush CC
  2. WordPress初心者ワークショップ 名古屋開催
  3. WordPress初心者ワークショップ 名古屋開催
Webが苦手な人でもできるようになる。ゼロから自分で作るワードプレスワークショップ名古屋開催 デメニギスの30分無料セッション
  1. WordPressカスタマイズ

    WordPressカスタマイズ

    レビュー待ちの投稿で編集者権限ユーザーにメールを送る
  2. WordPressカスタマイズ

    WordPressカスタマイズ

    レビュー待ちの投稿で管理者権限のユーザーにメールを送る
  3. WordPressカスタマイズ

    WordPressの基礎

    WordPressのカスタマイズは子テーマを使う!
  4. WordPressカスタマイズ

    アイコンフォント
  5. HTML/CSS

    蛍光マーカーのように表示するCSS
PAGE TOP