WordPressカスタマイズ

WordPressの基礎

WordPressのカスタマイズは子テーマを使う!

WordPressのテーマテンプレートは、有料・無料を問わずたくさん公開されています。

ゼロから自分で作らなくても、すばらしいクオリティのサイトが構築できるは魅力的です。

テンプレートをそのまま使うだけでもいいのですが、使い込んでいるうちにちょっと改造したいとか、オリジナルの機能を入れたいとかいう場合も出てきます。

その場合は、テーマテンプレートそのものをいじるのではなく「子テーマ」を作って改造していきましょう。

子テーマでやらなければいけない理由

元のテーマテンプレートをダイレクトに改変した場合ですが、テーマテンプレートがアップデートしたときに、すべて上書きされてしまい、自分で改造した部分はすべて消えてしまいます。
せっかく時間をかけて苦労して作ったものでも、消えてしまいます。ショックや破壊力は絶大です。

子テーマで改造している場合は、元のテンプレート(親テーマ)が更新されても、子テーマで改造した部分は更新されません。

 

子テーマに必要なファイル

最低限必要なファイルは2つだけです。

  • style.css
  • functions.php

自分のPC内に子テーマ用のフォルダを作ってその中に上記2つのファイルを作成します。

style.css

WordPressのテーマテンプレートの style.css は、通常のスタイルシートの役割のほか、テーマテンプレートの概要を記述する場所になっています。
子テーマの style.css の最初に以下を記述

重要なのは、Theme Name: と Template:

  • Theme Name: テーマ名(親テーマ名 + Child が一般的でわかりやすい)
  • Template: 親テーマのフォルダー名

スペルミスがあると認識されないので、よく確認しましょう。

 

functions.php

functions.phpの冒頭に、子テーマとして読み込む設定を記述します。

 

2つのファイルを入れたフォルダをzipに圧縮して準備完了です。

子テーマのアップロード

そのまえに、元となる親テーマをインストールしておきます。

テーマの新規追加からzip圧縮した子テーマをアップロードして有効化。

ピックアップ記事

  1. Webが苦手な初心者対象。ゼロから作るWordPressワークショップ
  2. 日程追加!Webが苦手な初心者対象。ゼロから作るWordPressワークショップ…
  3. スマホ動画を作るときの手順とアプリ
  4. WordPress 5.0 リリースで注意するべきこと
  5. Internet Explorerの終わり-Microsoftが公式に使用をやめ…

関連記事

  1. WordPressカスタマイズ
  2. WordPressカスタマイズ

    WordPressカスタマイズ

    WP管理画面のサイドバーの不必要なメニューを非表示にする

    運用上触ってほしくないメニューが管理画面のサイドバーに表示されているこ…

  3. SEO

    オススメのWordPressテンプレート 2018

    WordPRessには無料で使えるテンプレートが多数用意されています。…

  4. wordpress5.0リリース

    WordPressカスタマイズ

    WordPress 5.0 リリースで注意するべきこと

    2018年12月6日、WordPressのメジャーアップデート「5.0…

  5. WordPressカスタマイズ

ピックアップ

  1. さよならインターネットエクスプローラー
  2. WordPress初心者ワークショップ 名古屋開催
  3. wordpress5.0リリース
Webが苦手な人でもできるようになる。ゼロから自分で作るワードプレスワークショップ名古屋開催 デメニギスの30分無料セッション
  1. WordPressプラグイン

    WPでいつも使うプラグイン(メモ)
  2. WordPressカスタマイズ

    ログイン画面の背景を変える
  3. WordPressカスタマイズ

    WordPressカスタマイズ

    レビュー待ちの投稿がされた場合、管理者にメールを送る
  4. iPhoneだけでできる集客動画ワークショップ

    今日の出来事

    iPhoneだけでできる集客動画ワークショップをやりました。
  5. 動画

    iPhoneの空き容量を確保する方法
PAGE TOP