WordPressカスタマイズ

WordPressカスタマイズ

寄稿者にメディアアップロード権限を付与

組織などで記事を公開するときに上長の承認が必要な場合、権限設定にちょっと工夫が必要。

記事を書く人・・・「寄稿者」権限
承認する人・・・「編集者」または「管理者」権限

こうすることで、寄稿者が記事を書いても「レビュー待ち」となり、公開権限を持つ編集者(または管理者)が公開するまで非公開になります。

ここで問題となるのは、寄稿者にはメディアアップロードの権限がないこと。つまる写真のアップロードができません。

寄稿者権限でもメディアアップロードができるようにする

寄稿者権限でもメディアアップロードができるようにするには、テーマフォルダ内のfunctions.phpに以下を追加します。

allow_contributor_uploads()

get_role(‘contributor’) で寄稿者(contributor)の権限定義(何ができるか)を取得し、add_cap(‘upload_files’) でファイルのアップロード権限を付与します。

それで、上記の function が実行されるのが、ログインしているユーザー(カレントユーザー / current user)の権限が寄稿者で、なおかつ、ファイルのアップロード権限がないとき。

 

寄稿者権限でも公開した記事を編集できるようにする

もうひとつ。寄稿者権限では、自分の書いた記事であっても、公開された記事を編集することができません。
公開後も編集できるようにするには、同じく functions.php に以下を追加します。

allow_contributor_edit_published_posts()

こちらも寄稿者権限定義を取得して、add_cap(‘edit_published_posts’) で、公開済み投稿の編集権限を付与します。

実行されるタイミングは、カレントユーザーが寄稿者権限、且つ、edit_published_posts(公開済み投稿の編集権限)を持っていないとき。

 

権限付与(あるいは削除)の注意事項

一度権限を付与した場合、反対の操作(つまり、権限の削除)をしない限り、付与した権限は生き続ける。
テーマテンプレートは変えても、リセットされないので注意。(権限削除も同様)

なので、元に戻すときは remove_cap(権限)で削除する必要がある。

ピックアップ記事

  1. Webが苦手な初心者対象。ゼロから作るWordPressワークショップ
  2. Internet Explorerの終わり-Microsoftが公式に使用をやめ…
  3. スマホ動画を作るときの手順とアプリ
  4. Googleの日本語Webフォント
  5. スマホで動画編集 Adobe Premiere Rush CC編-テロップはPC…

関連記事

  1. api

    Google Chart API を使用したQRコード生成

    ホームページにモバイルアクセス用のQRコードを生成する。Googl…

  2. cf7 google sheet connector
  3. 常時SSL化はお済ですか

    SEO

    サイトの常時SSL化はお済ですか?

    ちょっと前から、サイトを常時SSL化しないと、検索順位が下がるよなんて…

  4. WordPressカスタマイズ

    ログイン画面の背景を変える

    body.login の背景を設定するget_template…

  5. WordPressカスタマイズ

ピックアップ

  1. さよならインターネットエクスプローラー
  2. WordPress初心者ワークショップ 名古屋開催
  3. wordpress5.0リリース
Webが苦手な人でもできるようになる。ゼロから自分で作るワードプレスワークショップ名古屋開催 デメニギスの30分無料セッション
  1. iPhoneだけでできる集客動画ワークショップ

    今日の出来事

    iPhoneだけでできる集客動画ワークショップをやりました。
  2. WordPressカスタマイズ

    WordPressカスタマイズ

    レビュー待ちの投稿がされた場合、管理者にメールを送る
  3. SEO

    プッシュ通知を配信するプラグイン
  4. WordPressカスタマイズ

    WordPressカスタマイズ

    寄稿者にメディアアップロード権限を付与
  5. WordPressカスタマイズ

    WordPressカスタマイズ

    WP管理画面のサイドバーの不必要なメニューを非表示にする
PAGE TOP